潰してしまったニキビ

若い頃にたくさんのニキビができました。
思春期だったのでみんなできていましたが、私は特にひどかったと思います。

 

それにお菓子が大好きで、毎日たくさん食べていたのでニキビができて当たり前なのです。
ニキビに塗る薬をドラッグストアで買ってきて、塗ってはいたのですが治ってもまたすぐにできるのです。

 

その繰り返しが嫌で、私はよくニキビを潰していたのです。
でも後ですぐに後悔するのです。

 

ニキビを潰したらとても痛くなるのです。
大きいニキビは、潰したら少しは目立たなくなるのですが跡が残るのです。

 

そして今、まだそのニキビ跡が残っているのです。
きっと消えることはないのだろうと思います。

 

どうしてあの時は、潰してしまったのだろう。
そんな事ばかり、考えては後悔しています。

 

でも今はこのニキビ跡を少しでも薄くしたいので、美白をしてみようと思います。
そして今では、フェイシャルエステなどに通いことでニキビとも、おさらばしたいのです。

 

代わりにできるようになった、吹き出物の予防をしようと思うのです。

ニキビの芯って一体何なの?

ニキビをつぶすと中にあるゴマ粒のような芯がありますが、あれって一体何なのだろうと思ったことはありませんか?

 

あれは毛穴に詰まった脂肪が過剰な皮脂分泌によって酸化し固まったもので、肌の新陳代謝の遅れによって固まってしまった角質の層が厚くなり、ホルモンバランスの崩れなどから皮脂と古い角質が混じりあい、ニキビの芯ができてしまいます。

 

 

ニキビの芯の周辺は脂肪が好きなアクネ菌の温床となってしまうため、ニキビが悪化してしまう可能性があります。ニキビの芯はニキビの初期段階にできるため、早期に治療すれば、ニキビ跡が残る可能性も少ななるので、早めに治すことをオススメします。

 

 

本来にきびをつぶすという行為は、かえってニキビを悪化させたり、ニキビ跡を残してしまう可能性もあるのですが、場合によってはニキビ芯を取り出してしまった方が良いときもあります。その際はニキビを取り出す専用の面庖圧子 (にきび取り)使います。

 

・ニキビ芯の正しい取り出し方

1.洗顔で顔の汚れや皮脂を落としてしまいます(取り出す際は入浴後が良いです)

 

2.ニキビ周辺を消毒します。

 

3.面庖圧子を患部に押し当て、ニキビ芯が出てきたら、ピンセットで芯を取り去ります。

 

4.棒に軟膏を塗り、ニキビに塗ります(この後ニキビには触れないでください)

 

なお、ニキビ芯を取り出したからといってニキビ跡が残らないとは限りません。なるべくクリニックなどで相談して治療をすることをオススメします。

大人ニキビ用化粧水「クリアローション」

矢印