ニキビの症状がひどくなったら皮膚科へ

私は学生時代にひどいニキビに悩まされました。1つや2つのレベルではなく、顔全体に赤みが出るくらいのニキビでした。

 

ニキビを治す為に、色々な雑誌を見て、ニキビを治す方法を調べました。コマーシャルでやっているニキビ用の塗り薬は全て試しました。良いと言われる基礎化粧品もすべて試しました。しかし一向に改善には向かわず、気にすれば気にするほどストレスになり、ストレスが原因でまたニキビが出てしまっていたようにも思います。

 

あるとき、同じようにニキビに悩んでいた学校の同級生の肌がきれいになっていることに気付きました。どうして治ったのか聞いてみると、皮膚科に行って看てもらったと言います。当時の私は、親にニキビは年頃には必ず出るものだからと言われていたので、病院で看てもらえるとは知りませんでした。しかし皮膚科でニキビも看てもらえると知り、早速教えてもらった病院へ行ってみました。

 

そこでは塗り薬と、ビタミンCの飲み薬をもらいましたが、皮膚科の薬の効果はどんな基礎化粧品よりも抜群に効きました。もっと早く知っていれば、ニキビ跡も少なくて済んだのにとも思いましたが、ニキビの症状がひどくて自分ではどうしようもできない人には皮膚科に行くことを私はお勧めします。

ニキビがよくできて困っています

ニキビがよくできて困っています。
ニキビのできた顔に、メイクするのも治りが悪くなるような気がします。

 

それにニキビができると、恥ずかしくて外出したくなくなるのです。
そこで私はニキビを早く治すために、そして予防のためにしている事があります。
それは精製水でパックをするのです。
精製水は薬局で、簡単に手に入ります。
これはコンタクトレンズを洗ったりするのにも使うので、私の家にはあるものなのです。

 

コンタクトレンズを使用しているので、コンタクトレンズを洗浄するために毎日使っています。
この精製水をコットンに浸して、パックをするのです。

 

すでにできているニキビにもパックでひたひたに浸します。
安いので、たっぷりと使ってももったいなくはないので、治るのも早いのです。

 

顔は毎日、清潔にしないといけません。
顔だけではないですが、体全身も清潔にしないとすぐにニキビができます。

 

できてしまったニキビを治すのは一苦労ですので、なるべくニキビを作らないようにしないといけません。

 

そのためにも、毎日きちんと洗顔を心がけましょう。

大人ニキビ用化粧水「クリアローション」

矢印