大人ニキビとニキビ跡

ニキビを悪化させてしまうと、跡が残ってしまうことがあります。ニキビ跡が気になって困っている人も多いのではないでしょうか。

 

ニキビ跡は時とともに自然に薄くなっていくものではありません。そのままにしておいても跡は消えないので、気になる場合は早めに治療してしまいましょう。

 

ニキビ跡の治療にはいくつかの方法があります。

 

一口にニキビ跡といっても色々で、赤みが残るもの、でこぼこ状になったもの、色素沈着を起こしているものなどに分けることができます。このような症状によって、治療法も異なってきます。

 

ニキビ跡を自分で消すことは難しいので、なるべく早めに皮膚科で診療を受けましょう。

 

ニキビで気をつけないといけないことはニキビができてしまったら、ニキビ跡が残らないようにケアすることを常に心掛けるということです。どのようなタイプのニキビ跡でも、清潔な素肌を保つために正しい洗顔を習慣づけることが治療への第一条件になります。

 

そして一番してはいけないことは、ニキビを潰すことです。ニキビを潰してしまうと、ニキビが治っても跡が残ってしまいます。一度できた跡は簡単には元に戻らないので決してニキビを潰さないようにしましょう。

 

ニキビ専門の皮膚科などでは、ケミカルピーリングやレーザー光線による治療など、症状に適した様々な治療を行います。ニキビ跡が気になるようでしたら、皮膚科や美容外科などに相談してみてはいかがでしょうか。

 

とりあえず専門医のカウンセリングを受けるだけでも、自分に適した治療法や、その費用などが理解できるので、一人で悩まず相談してみましょう。

 

美しい素肌は、肌の新陳代謝を正常なサイクルへと戻していくことで取り戻すことができます。肌は1日や2日では生まれ変わりません。根気よくケアしていきましょう。

大人ニキビ用化粧水「クリアローション」

矢印